【漫画カメラ】撮った写真がなんでもインパクト大の漫画に変身

eapp 2012年9月26日 【漫画カメラ】撮った写真がなんでもインパクト大の漫画に変身 はコメントを受け付けていません。


  • アプリ名:漫画カメラ
  • カテゴリ:写真/ビデオ
  • 価格:無料


スーパーソフトウエアが提供している「漫画カメラ」は、撮影した人物や風景などの写真を、あたかも漫画のワンシーンのような画像に変換できるアプリです。リリース後1週間で100万ダウンロードを突破、さらに現在では150万ダウンロードを突破と、数多くのカメラアプリの中でも、かなり話題になっています。実際、Facebookなどで「友達がこのアプリを使って写真をアップしているところを見た」という人も多いのではないでしょうか?

 

撮影した写真を、線画などの絵画調に変換してくれるペイントアプリは数多く存在していますが、この「漫画カメラ」もその延長にあるもので、基本的な機能としては、撮った写真をモノクロの線画に変換するだけのものです。ただし、この「漫画カメラ」が面白いところは、写真を単に線画調に変換するだけでなく、そこにさまざまなテンプレートを用意することで、いろいろなバリエーションの漫画コマを再現できるところにあります。

このテンプレートには「ドオオオオン」「ゴゴゴ」「バキバキ」など、漫画で用いられるさまざまな擬音・効果音と、クローズアップや雨雲や雷などを組み合わせた、いわゆるアクション漫画の戦闘シーンのようなフレームを中心に、およそ30種類以上がラインアップされています。このテンプレートと自分の撮った写真を合成することで、例えば、普通にスナップで撮った何でもないような友達の写真が、もの凄くインパクトのある漫画の一コマに変身してしまうのです。これがバカみたいなんですが、意外に面白い。先日も飲み会の席で使ってみたのですが、ワイワイとかなり盛り上がりました。この感覚は、いままでのペイントアプリにはなかった、アイデアの勝利といえるでしょう。

変換した画像は、カメラロールに保存できるのはもちろん、FaceBookやTwitterに簡単にアップロードすることもできるので、SNS上の友達らと共有することもできます。ただ、ひとつ問題としては、保存している写真からは変換することができないので、このあたりは改善して欲しいところですが、無料でこれだけ遊べれば十分のアプリといえるでしょう。


コメントは受け付けていません。