【VoiceTra】ドラえもんの「ほんやくこんにゃく」の世界を、あなたのiPhoneで実現!

eapp 2012年11月15日 0


VoiceTra

  • アプリ名:VoiceTra
  • カテゴリ:旅行
  • 価格:無料



英語がさっぱりできない私にとって、辞書アプリは海外出張などの際の必需品ですが、実は辞書アプリ以上に重宝するのが「翻訳アプリ」です。しかも、今回紹介する「VoiceTra」は、音声認識によって日本語から英語、中国語、韓国語など、さまざまな言語を翻訳してくれる、まるでドラえもんに出てきた「ほんやくこんにゃく」のような、夢のアプリなのです。

このアプリはiPhoneだけでなく、iPadやiPod touchでも利用できるのですが、iPhoneのみの機能としては、電話で話すときと同じように、耳に近づけてしゃべる方法があります。また、画面下部のマイクアイコンを押してしゃべる方法と、翻訳したい文のキーボード入力も可能なのですが、今回は耳に近づけてしゃべる翻訳の方法を見ていくことにしましょう。

まず、アプリを立ち上げるとホーム画面が現れます。

VoiceTra_1

この画面の上部にある「日本語」「英語」と書かれている部分をタッチすると、下のような画面が現れ、音声入力する言語と、翻訳する言語を選ぶことができます。ここはもちろん「日本語」を「英語」に翻訳する形を選択します。

VoiceTra_2

音声入力の場合は、iPhoneを耳に近づけると本体が振動しますので、これがじゃべり始める合図です。しゃべり終わったら、本体を離すと、結果が表示されます。ここでは、ホテルのフロントマン相手の会話を想定して「部屋の鍵を無くしてしまいました。マスターキーを貸してください」としゃべってみました。

VoiceTra_3

すると画面には、自分がしゃべった言葉が文章化され、さらにその下には、日本語での要約と、その下には、その翻訳結果が英語で表示され、と同時に、英語での音声が流れます。音声は、英語表示部分の前にある再生ボタンを押すと、何度でも流れます。また、音声認識結果が、意図していたものと異なるような場合は、認識結果をタッチして編集することも可能です。
翻訳された同じ内容を、韓国語など他の言語で聞きたい場合は、画面上部の「英語」を「韓国語」に変えると、ハングルとともに音声も流れます。ちなみに、音声入力と出力ができる言語は、日本語、英語、中国語、インドネシア語、ベトナム語、韓国語で、音声入出力はできませんが、翻訳だけなら他に15カ国語に対応しています。日本語の聞き取り能力はかなり高く、フリーアプリとしては、かなり優秀だと思いますよ。

VoiceTra_4

VoiceTra_5


Leave A Response »