iPhone5 在庫切れの原因

eapp 2012年11月9日 0


iphone5black

iPhone 5の生産時のアップルの仕様と電源ポートや大型スクリーンの供給上の問題が、中国の生産メーカー、Foxconnにとっては障害となっているようです。

Foxconnの発表によると、iPhoneの需要は高く、設計と製造上の問題から予定より少ない出荷となったとの事です。

アップルは発売後3日間で5百万台のiPhone 5を販売しましたが、それ以降は部品の供給不足があり、アップルのオンラインストアデユーザーは待ち状態が発生しているようです。

アップルは一部品についても複数のベンダーを指定していますが、異なる供給会社による部品の供給が遅れに繋がっている可能性もあります。iPhone 5の生産に関し、インセル型タッチスクリーンのように高度な仕様を必要とするものもあり、マイクロの単位での誤差も問題となることも遅れに繋がっていると指摘する人々もいます。

Foxconnは多分、iPhone 5の新性能を取り込んだ部品調達と短期間での組立ラインの調整に時間がかかっているものと思われます。

中国の工場、Foxconの労働争議や離職率の高さも遅れに関係している可能性もありますが、部品供給上の問題のほうが大きく影響しているようです。競合他社の影響が増すなか、数週間の遅れはアップルにとって大きな問題となるかもしれません。

参照元:Macworld


Leave A Response »