AUO アップルへのディスプレイパネルで供給遅れ

eapp 2012年12月1日 0


ipad部品

報道によると、アップルの新しいiPad ミニとiMac の21.5インチ、27インチの生産上の問題から、アップルのサプライチェーン上の部品供給会社は、利益が上昇するのは2013年第一四半期まで待つ必要があるようです。

iPadミニに使用されるディスプレー・パネルの生産率が低いことが報じられています、そして液晶のバックライトも不足を生じている為、iPad ミニの2012年出荷分に影響が出ています。

iPadミニにパネルを供給するのはAU Optronics (AUO)とLG Display (LGD)ですが、AUOに製造上の問題があるようです。AUOパネル使用のiPadミニは40%の計画でしたが、出荷分は22%に落ち込んでいます。

2012年第四四半期、アップルは1千万台のiPadミニの出荷を報じられていましたが、AUO の生産の遅れが主要因となり6百万台になりそうです。

さらに、新しいiMacモデルのパネルはLGDのみから供給されるようです。LGD は大量生産の為、新しい生産プロセスを確立させる必要があり、生産に限界があり、これが出荷の遅れに繋がっているようです。

アップルへの部品供給会社が生産を増やし、iPadミニと21.5インチと27インチのiMacsの出荷目標到達は2013年第一四半期になるようです。

参照元:DIGITIMES


Leave A Response »