リーク情報に基づいたiPad5のイメージ画像

eapp 2013年2月11日 0


ipad5_a

iPad miniに似た第5世代iPad(iPad5)の設計が始まっているという噂を聞き、MacRumorsでは最新のiPadはどんな感じになるのかのイメージ画像を作成し公開しています。

これらのイメージはiPad 5のリーク情報に基づいており、実物に近いだろうという根拠を持っています。

イメージ画像では、新しいiPad5とiPad miniを並べています。これはCiccareseDesignに参考機体の外見を提供し、それを測定して実物大模型を作ってもらったものです。イメージのそれぞれのサイズは今後発売されるであろうiPad 5のイメージとサイズを正確に表していると考えられます。

噂でその外見の説明がされ、また実際のイメージ画像から計算されている第5世代iPadは明らかに現在のモデルよりも小さく、縦方向にかなり狭額の側面ベゼル、上下には少し小さ目のベゼルを採用しています。

ipad5_b

実際、推定によるサイズは、第5世代iPadは現行デザインよりも縦に4mm短く横幅が17mm狭いものになるだろうとした12月のMacお宝鑑定団の予想ともほぼ同じです。このレポートでは、次回のiPadが現行モデルより2mm薄くなりiPad miniと薄さではほぼ同じにるだろうとも述べられています。

ipad5_c

初期の噂ではアップルは早ければ3月にもアップルがiPadとiPad miniの更新を行うだろうという噂もありましたが、より信頼性のある情報源によれば9月から10月くらいになるだろうと見られ、アップルがつい最近発売した128GB iPadモデルはその概念をサポートしたものとなっています。

第5世代iPadはiPad miniとほぼ同様のスタイルを採用すると言われているが、写真は同様の陽極酸化処理された背面の外殻を示しており、報道によると、iPad mini同様、端が面取りされているという。上記の比較画像では、iPad 5の小さい方のサイズのものを示しており、いかにiPad miniを想起させるデザインにしているかがわかります。

ipad5_d

第5世代iPadの小型ボディはアップルが機器の内部構造にも大きな改善をしていることを示唆しています。アップルはより薄いディスプレイを作ることができる新ディスプレイテクノロジー、おそらくさらには小型のバッテリーやチップ上のメインシステムな どの他の小型化されたコンポーネントがフルサイズのiPadの大幅改善のためにアップグレードされ再配列されるという噂もあります。

参照元:MacRumors


Leave A Response »