iPhone5部品の発注数の削減はiPhone6の準備のため

eapp 2013年3月4日 0


iPhone A6Xチップ

iPhone6(又はiPhone5S)の生産が近づくにつれ、アップルは iPhone5のチップやパネル発注を削減しつつあります。

アジアからの新しい報告も、アップルがiPhone5S、もしくはiPhone6として知られる次世代iPhoneの登場が近づくにつれ、iPhone5のチップやパネルの発注を削減しつつあることを指し示しています。

Peter Misek のアナリスト Jereffies による2月中旬の記事で、アップルが新しいiPhoneの製造開始の準備を今月開始した報じています。また、日経新聞からの新しい記事でも、アップルがiPhone5用のチップの発注をとりやめたと報じています。

韓国の Enonomic Daily 紙による別の記事によれば、アップルは、「在庫の顕著な増加」を理由に、iPhone5のディスプレイの発注を顕著に削減しようとしているとのことです。

アップルがiPhone5の発注を打ちきりつつあるという記事は、1月14日にWall Street Journalが、アップルのiPhoneディスプレイの発注が3月期に計画していた数の半分に減少したという記事が初めで、今年に入ってから突如現れました。

その記事により、アップルの株価は1株あたり500ドル以下に急降下し、株価操作との告発を引き起こしました。

アップルのiPhone5の生産を鈍化させるため、中国のFoxconn工場が新規雇用を凍結するという2月20 日のレポートにより、株価は再び下落しました。

しかしながら、いくつかの追加記事では、アップルのこれらの行動は次世代iPhone(iPhone5S又はiPhone6)で実現される技術革新の準備のためであり、既にアップルは次世代iPhoneの部品の発注を入れているということです。

参照元:Macworld


Leave A Response »