アップル iPhone5Sに指紋センサー、NFC eウォレット搭載か

eapp 2013年3月13日 0


iPhone5s NFC

中国の新しいレポートは、Appleが次世代iPhoneに指紋センサーを組み込むために台湾のChipbond Science and Technology社と契約したと主張しています。

詳 細は、月曜日に中国時報でレポートされました。いわゆる “iPhone 5S“は、指紋センサーおよびモバイル決済のための近距離無線通信チップの両方が含まれていると主張しています。その2つのアイテムは互 いに連携して、ユーザーが簡単に自分の指紋で取引を承認することができるように動作することが期待されています。

伝えられるところによれば、AppleはiPhone 5S用のコンポーネントを第2四半期中に仕入れ始めました。iPhone 5Sは、2013年の半ばから後半に発売を期待されています。

月曜日の報道された詳細は、アップルの将来の製品パイプラインの予測に信頼できる業績がある KGI SecuritiesのアナリストMing-chi Kuo氏が以前主張していたものと一致している。Kuo氏は新iPhone 5Sは6月か7月頃iPhone 5と同じ美的形状で発売されるが改良されたカメラとチップのより強力なA7システムと共に、内臓型の指紋センサーが追加されると考えている。

Kuo氏によれば、指紋センサーはデバイスの「ホーム」ボタンの下にある。ユーザーは好きな時にただ親指をボタンの上に置けば、ユーザーの身元はパスワード入力、購入を許可する等の様々なタスクによって証明される。

将来出現可能なデバイスの指紋スキャナーの最初の兆しが現われたのは昨年アップルがセキュリティー会社AuthenTecを買収したことが明らかにされた時です。伝えられるところによれば3億5600万ドルの買収は同社の「スマートセンサー」部品に重点が置かれており、わずか1.3ミリの薄さに1インチあたり500ピクセルのスキャンが可能だということです。

次のiPhoneのNFC eウォレットの可能性については、アップルは昨年iOS6のPassbook初公開でそのような動きのお膳立てをしています。ですが、そのようなシステムが動作するためには店頭にモバイル決済端末が必要であることもあり、アップルはPassbookのローンチの時にはNFC決済機能を見送った経緯があります。

参照元:Apple Insider


Leave A Response »