アナリスト iTVにはモーションコントローラ「iRing」、セカンドスクリーン「mini iTV」が同梱されると予想

eapp 2013年4月5日 0


iRing

過去2年間にApple HDTVやApple TVのエクスペリエンスが大幅に刷新されるといういくつもの予想が現れては消えていった。2011年以来アナリストたちはその年の年末までにAppleが本格的なテレビを発表するだろうと何度も予想してきた。最も発言力のあるアナリストであるPiper JaffrayのGene Munsterはフルハイビジョンテレビが前回チエックした革新的な新型リモコンとともに年末までに登場すると予想している。今日(4月1日にリリースされる予定だったように思われる資料の中で)もう一人のアナリストが、Appleがフル機能のテレビを(セットトップボックスではなく)を2013年第2四半期に投入するというMunster氏の主張を支持している。

アジアのサプライチェーンメーカーに確認した後(BGR経由)、Topeka Capital Markets のアナリストBrian White氏は今日、クライアントへメモを送った。その中で同氏はAppleの「iTV」プロジェクトが50から60インチの数モデルをリリースし、なんと「iRing」呼ばれるリング型のモーションコントローラが同梱されるだろうと主張している。

我々の見解では、「iTV」エコシステムは1000億ドルのLCDテレビ市場にとっての重要なイノベーションとなるものでテレビがもたらすエクスペリエンスを永遠に変えてしまうだろう。まず第一に「iTV」のサイズは60インチだろうと考えている(50-55インチのオプションを含む可能性があるが)。

第二に、AppleがiRingと呼ばれる小型のデバイスをリリースすると考えている。iRingはユーザーの指に装着されiTVのナビゲーションポインターとして機能し動作検出機能によりユーザーエクスペリエンスを向上させリモコンの機能の一部を無効にしてしまう。

White氏はさらに続けて、iTVには「mini iTV」が同梱されるだろうと語った。mini iTVはiPadサイズの小型ディスプレイでユーザーはセカンドスクリーンとして楽しむことができる。

参照元:9To5Mac


Leave A Response »