シャープ 6月にiPhone 5SのLCD(液晶)を生産開始

eapp 2013年5月8日 0


シャープ亀山工場
火曜日の極東のレポートによると、悪戦苦闘中の液晶メーカーでありアップルのサプライヤーであるシャープは次世代iPhone(iPhone 5S)のディスプレイ製造の手はずが整い、翌月から大量生産が始まるということである。

シャープはおそらく亀山第1工場においていわゆるiPhone 5S用の液晶を量産するであろう。Apple社のうわさの次世代電話は第3四半期に発売予定である。日本の日刊工業新聞より(こだわりさん経由)

2012年にシャープの液晶事業が衰退すると、亀山設備の稼働率に低下が見られ、工場の1か月の最大使用である六億ユニットに対して40%であった。

かつては日本の家電の巨大家電企業のひとつであったシャープだが、歳入の減少によりアップル社のサプライヤーであるFoxconnやSamsungのような海外の企業の投資を受けざるを得なくなった。Samsungは最近シャープの最大の海外の出資者となった。

広報によると、シャープに加え、ソニー、日立、東芝が連合したJapan DisplayとLG Displayも注文を受け、量産もすでに進行中である。

アップルの次世代スマートフォンiPhone 5Sは、現在のiPhone 5と同じ画面を維持しながら、とりわけ、噂の指紋センサーや高速なA7チップとiOS 7モバイルオペレーティングシステムのアップグレードを含んでいると期待されています。

アナリストのMing-Chi Kuo氏は4月に、iOS 7の開発の遅れだけではなく、指紋センサーの実装に関連する問題が、iPhone 5Sの通常のリリーススケジュールを遅らせる可能性があると指摘していました。

また、主力のiPhone 5Sと同時期に、スマートフォンの消費者市場の大きなセグメントに対応するために、より手頃な価格のモデル(低価格版iPhone)がデビューすると噂されています。

参照元:Apple Insider


Leave A Response »