iPhone5S 薄さの増したベゼルと、画素数が2倍のディスプレイを採用?

eapp 2013年5月30日 0


iphone5sイメージ

iPhone 5Sの話題が盛り上がっていますが、私たちはiPhone 5からそれほど大きな変化はないと予想しています。少なくともおおよそ同じ仕様に見えると思われます。ただ、中国から寄せられた新しい噂によれば、新しい端末は縁がより狭くなり、新しいディスプレイは画素数が2倍になるとのことです。

この噂は、WeiPhone.comに話した「インサイダー」によるものです。彼らは、iPhone 5Sは驚きの150万ピクセルを新しいディスプレイに搭載するという。これは既存のiPhone5 Retinaディスプレイの73万ピクセルの2倍以上になります。

ディスプレイのサイズは大きくならないでしょう。WeiPhoneによると、アップルは解像度の高いものを投入するとのことです。もし真実であれば、-現時点では、少々疑わしいと言わざるを得ませんが-、アプリの開発者は増加した画素数に対応するためにアプリのビジュアル面を再度調整する必要があることになります。

しかし、これによってiPhone 5Sは180ピクセルディスプレイで、Androidフラッグシップ各社と競争できるチャンスを増やせることでしょう。

またWeiPhoneによれば、iPhone 5Sはディスプレイに対してより狭いベゼルでの仕上がりになるというが、これも疑わしい話です。もしその通りになるのであれば、アップルはより大きいサイズのディスプレイを搭載するか、iPhone自体のサイズを小さくする必要があります。

私たちはCupertinoはハードウェアを付加的なアップグレードのためにそれほど劇的な変化を加えることはないと、かなりの自信を持っていうことが出来ます。もしかするとiPhone 6になるときは、そのような変化があるかも知れませんが。

iPhone 5Sに私たちが期待しているのはより良いカメラです。前と後、速い処理能力、そしてもしかすると、あくまで可能性の話ですが、指紋認証技術が導入されるかもしれません。アップルは今秋にその端末を公開することになりそうです。

参照元:Cult of Mac


Leave A Response »