低価格iPhoneは99ドル?より大きなディスプレイのiPhoneの導入も検討か

eapp 2013年6月14日 0


低価格iphone

ロイター通信によれば、アップルの計画を知る4人がアップルが2014年のiPhoneモデルをいくつか調査中であると述べているようです。それらは$99バージョン、白と黒以外の色の4.7インチと5.7インチの後継モデルなどのようです。

この数か月にいろいろな情報源から噂が繰り返し流れたが、彼らは大画面のiPhoneについてアップルからフィールド調査を行っているアジアのサプライヤーから状況を直接入手していると述べています。特に、この人たちはアップルは画面サイズをおそらく4.7インチと5.7インチに絞り込んでおり、来年には2つのより「大きい」モデルを導入するかもしれないということです。

雑誌などでは、アップル社の話題の新型iPhoneは、2012年中ごろに同社を追い抜いたサムスン社のスマートフォン業界における業績に対する、アップル社のはっきりとした意思表示だと報じています。いつものように、アップル社の「製品の仕様は最後の瞬間まで、常に変わり続けており、どれが最終の試作品かは決して分からないでしょう。」という注記によって、これらの情報もはっきりと断言するには至れないようです。

1月に、4.8インチiPhoneが2013年に発表されるという不確かな記事が出ましたが、「ファブレット・iPhone」を取り巻く噂は何度も途切れました。

木曜日に発表された中で最も興味深いのは、低価格のiPhoneに関することでしょう。情報によると、価格は99ドル程になるだろう、との事です。コストを抑えたプラスチック製の初心者向けのハンドセットが様々なカラーバリエーションで開発されているといった推測も広がっています。

ロイターは低価格iPhoneに関していろいろなレポートを得ているようですが、ある情報源はそのようなハンドセットは2014年には導入されないだろう言ってますし、また別の情報源によれば8月の量産に向けて7月にテスト実施のスケジュールが既に組まれているとも言われています。

「試作はもともと6月に計画されていたが、アップルの理想基準が非常に高いため、予測していたよりもカラー調整に時間がかかっている。」と、ある情報源は言っています。そしてより手頃な低価格のiPhoneが第4四半期に2,000万台出荷されるだろうと付け加えています。

参照元:Apple Insider


Leave A Response »