アップル iOS7ベータ4をリリース!ベータ3からの変更箇所まとめ

eapp 2013年8月1日 0


アップル社は先週、iOS7の4度目のベータ版を発表しました。これには多くの向上、変更、OSシステムのバグの修正をし、デザインされたロックスクリーンに、通知センターの向上、サファリのブックマークの改善などがされています。

iOS7のベータ版4弾は膨大な量のインターフェースのマイナーチェンジや改善を行い、今回のベータ版では操作感がより早く滑らかになっています。以下は今回のリリースに関して、いくつかの機能の強化についてまとめています。

ロックスクリーン – ロック解除のスライドがアップデートされ、色が反転し、よりロックスクリーン内のエリアが分かりやすい矢印になりました。通知センターをあらわしていた矢印は今度は、ライン状になっています。

ロックスクリーン

メール – タイムラグのないスムーズな削除アニメーションのおかげで、画面をなでるだけで受信メールボックスをすばやく削除できます。

通知センター – 通知センターが左から右へなぞることで表示できるようになりました。またアップロード完了通知も出るようになりました。

AirPlay – AirPlayのアイコンが新しく表示されるようになりました。

Siri – SiriのヘルプメニューにQ&Aが追加されました。

siri

アプリ – カメラではHDRボタンの場所が変更され、リマインダーには検索機能がつきました。

アイコン – Safariとメールのアイコンは少し傾いたデザインになりました。

アイコン

フォルダー – ドックにフォルダーを配置する際のフェードアニメーションを、正確にするためにアップデートが行われました。

電話 – 発信ボタンは電話の画面から少し目立たなくする変更が加えられ、応答・拒否ボタンもアップデートされました。

電話

メッセージ – メッセージアプリは、ファーストネームとラストネームのイニシャルだけで使えるようになりました。

検索 – iPhoneの検索機能(swipeを画面上にダウンロードして使える機能)にキャンセル機能がつきました。

検索

Safari – ブックマークボタ、リンクの共有、リーディングリストが、アイコンへデザインされなおしました。

スクリーンショットAPI – 9to5Macで見られたように、iOS7のベータ版4弾にも新しいスクリーンショット探知APIが追加され、SnapChatでの問題を解決しています。

参照元:Macrumors


Leave A Response »