アップル 13インチのiPadを試作中か

eapp 2013年7月24日 0


13inch_ipad
ウォールストリートジャーナル紙のサプライチェーンの海外ソースによると、アップル社は、iPad及びIPhoneの大型バージョンを試作中とのことです。詳細は、ほとんど報道されていませんが、報告によると、同社は、iPadへ13インチのディスプレーを計画しており、これは、現在の9.7インチよりかなりの拡大となります。

最近、同社によると、同社は、4インチに拡大したスマートフォンのスクリーン及び対角的に13インチよりほんの少し小型の新しいタブレットの装置のスクリーンデザインを求めています。現在のiPhon5eのスクリーンは4インチ、iPadのスクリーンは9.7インチです。タブレットコンピューターのシンプル版であるiPad miniのスクリーンは7.9インチです。

アップル社が、たびたび、日の目を見ない機種を試作することを理解しておくことは重要で、これは同社がMacbookサイズのiPadをすぐに発表することを意味する訳ではありません。ウォールストリートジャーナルによると、このニュースは、サムスンからの圧力に対抗していると言われていますが、実際はアップルは異なった計上やサイズを実験しているようです。

さらに大型のiPhoneについても、沢山の噂があります。中にはアップルが5インチ以上のスクリーンにも興味をしめしているという情報もありますが、どれも信憑性がありません。

iPhone55は、現行のものからアップグレードされ、低価格版iPhone(iPhone Lite)と一緒に今秋に発表されることが予想されます。第五世代のiPadは同じスクリーンサイズを維持しつつ、より薄い外形になると予想されています。第二世代のiPad miniについては意見が分かれており、一部では今年または2014年にRetinaバージョンが見られるだろうと言われています。

参照元:Cult of Mac


Leave A Response »