9月10日発表予定の新型iPhoneの名称は「iPhone 5S」、「iPhone 5C」が濃厚か

eapp 2013年8月14日 0


iPhone5Cイメージ

 

日本のアップル関連ブログのMacお宝探偵団は、2013年は旗艦iPhoneは「S」モデルの年になるだろうという予想を固めたようです。「S」モデルというのはアップルが携帯電話の内部設計の変更なしでコンポーネントのアップグレードをする場合のネーミングパターンです。

さらに、噂が高まっている廉価版iPhoneモデルは「iPhone 5C」と呼ばれるだろうとも指摘しています。「iPhone 5C」というネーミングについての推測は、「iPhone 5C」と鮮やかな色で印刷されたプラスチック製コンシューマーパッケージングがかごに入ったイメージが登場した7月下旬に最初に登場しました。

予測されるiPhoneの名前とは別に、このニュースソースは2つのハンドセットの使用に関して今年初めになされたKGIアナリストのMing-Chi Kuo氏の指摘と一致しています。Kuoしは、iPhone 5SはカスタムデザインのApple A7プロセッサー搭載で、リアカメラにレンズの強化を特徴とするアップグレードが行われるものの、解像度に変更なないと見ています。「iPhone 5C」については、同氏は合成プラスチック製のファイバーグラスシェルに覆われるだろうと述べています。

さらに、新しいシャンパンゴールドカラーオプションが今年「iPhone 5S」に導入されるだろうと言われ続けており、この噂は6月以降のパーツリークに基づく予想と一致しています。

最後に、このソースではアップルがiPhoneのホームボタンのおなじみの四角いアイコンをやめるのではないかとも言われていますが、その変更の理由については説明されていません。Kuo氏は土曜日にリリースされたリサーチノートの中で、アップルは指紋センサーをサポートするためにiPhoneのホームボタンのデザインにひねりを加える必要があるのではないかと述べていました。新しいパーツはやや凸面形状で、プラスチックではなくサファイアでできたものとなるでしょう。

アップルはまだ「iPhone 5S」や「iPhone 5C」について発表をしていませんが、日曜日のAllThingsDからのレポートによれば同社は新スマートフォン製品の発表を9月10日のイベントで行うのではないかと言われています。

参照元:AppleInsider


Leave A Response »