iPhone5S シャンパンカラーはハイエンド向けのオプションか?

eapp 2013年8月21日 0


iphone5s gold モックアップ
アップルの次期iPhoneに使われると予想されている新しいゴールド色は明るく輝くゴールド色ではなくエレガントなシャンパンカラーに近い色となりそうです。新型「iPhone 5S」はAllThingsDに接触した情報筋によれば、背面カバーがシャンパンカラーで、丸みを帯びた角、そして白色の前面カバーであると伝えられています。

先週、KGIセキュリティーのアナリストMing-Chi Kuo氏に近い情報筋から先の主張を肯定する噂が発表されました。新しいゴールド色のiPhoneは、アップルが既に発売しているiPhone 5に使われている従来の黒と白の組み合わせと同時に発売されると思われます。

iphone5s gold

最近「iPhone 5S」に使用されると噂されるゴールドカラーの部品が何度もインターネット上で公開されてきました。但し、Kuo氏によれば次期iPhoneの特徴は色だけではないということです。

Kuo氏によると、アップルが「iPhone 5S」にF2.0 口径のレンズや薄暗いところで綺麗な写真を撮るためのデュアルLEDフラッシュを搭載するとの予想に併せて、iPhone製品ラインアップに128GBのストレージ搭載オプションを付け加えるだろうとのことです。このiPhoneはバッテリーの動作効率を20%向上させると言われている新型A7チップセットを搭載することが予想されています。

また、「iPhone 5S」はそのホームボタンの下に指紋認証スキャナーを搭載することが大きく期待されています。この機能により、パスワードや特別なコードを記憶する必要なく使用者を確実に特定することができるようになります。

新しいゴールドのiPhoneについて、TechCrunchのMG Sieglerは、こういったデバイスは、金色がとても人気のある中国やインドで特によく売れるのではないかと推測しています。そういった意味で、ゴールドのアイフォンは一定のユーザに対して、アップルの最新の高性能スマートフォンとしての選択肢となりうるのではないでしょうか。

参照元:AppleInsider


Leave A Response »