iPhone6の製造が最終段階へ

eapp 2014年8月14日 0


IMG_0717.JPG

Appleが次世代iPhoneを発表すると言われている9月9日のイベントを計画しているタイミングに合わせ、iPhone6は量産前の最終段階である「製品の検証テスト」(PVT)の段階に入ったとされています。

報告によるとPVT段階でのiPhone6の歩留まり率は、すぐに生産が開始出来る90%であると伝えられています。

そしてネット上でのリークは4.7インチと5.5インチバージョンのどちらも出てきていることからも、ほぼ最終的なデザインが決定されていると思われます。

しかしながら5.5インチバージョンは4.7インチバージョンより発売が遅くなるのではないかと予想されています。これは製造上の問題があるからのようです。
iPhoneの製造はApple史上最大の8000万台とされており投資家の期待も高まってきています。
Appleの幹部が2014年に新製品や新カテゴリーのラインナップを用意するとしていることからiWatchなどの今秋の発売が期待されています。
これはiOS8の健康アプリケーションなどと連携すると考えられています。
また、iPadAirやiPadminiの更新も予定されているので、今年の秋はApple一色の秋になるかもしれません。

参照元
appleinsider


Leave A Response »