アップルのiOS6のMapsアプリに不具合多数

eapp 2012年9月23日 アップルのiOS6のMapsアプリに不具合多数 はコメントを受け付けていません。


iOS 6はダウンロード可能となっているが、アップルの新しいMapsアプリケーションも利用可能。残念な事に、多くのiOSユーザーは失望し、グーグルMapを取り戻したいと切望していると海外サイトMacworldが伝えています。

以下にユーザーコメント、及び事例紹介します。
「グーグルに比べて著しく劣る。ストリート・ビューは無く、3Dは都市の中央部でしか動作しない」
「特定の箇所は近くに寄れず、黒白の部分もあり、多くのビルは雲に覆われてしまう」
「MapsはiOS6の弱点だ。低いレスポンス、少ないビジネス情報、色の選択も良くない」

多くのユーザーがアップルMapsの不正確な点を指摘しています。あるはずの駅が見当たらず、目印となる建物が違う場所に配置される等です。

「多くのアップルの地図は古く、不正確、解像度も低く不完全だ」
「アップルはMapsが世界の見方を変えると言っているが、今のところ多くの変化は見当たらない」
ある調査では50%以上のユーザーがグーグルMapsを取り戻したいと考え、12.5%はアップルの Maps を使いたくないのでiOS6を使わわない事に決めたと回答しています。

 

参照元:Macworld


コメントは受け付けていません。