iPhone5S 6~8種類のカラーバリエーションで来年6月発売か

eapp 2012年12月13日 0


ipod touch

Appleが過去2年にわたり築いてきたパターンを破り、来年6月にiPhone5SをリリースするAppleは、来る6月、過去2年間に渡り築き上げてきた従来の枠組から外れたiPhone 5Sを発表するだろう、とJefferiesのアナリストであるPeter Misekは伝えています。

Misekは、iPhone 5Sには新たに「スーパーHDカメラ/ディスプレイ画面、改善されたバッテリー、そしてNFC」が含まれるとしており、さらに「IGZO液晶搭載のRetina+、128GBの容量の発表」の可能性があることもうかがわせています。彼はまた、この新機種が6~8種類のカラーバリエーション展開になることも見込んでいるが、豊富なカラーバリエーションを誇るiPod Touchに似たものになるのだろうとのこと。

iPhone4SとiPhone5は、9/10月のタイミングで発売され、iPhone3GとiPhone4の発売は、6/7月のタイミングでした。

なぜ半年間隔での発売に戻るのだろうか?Misekは解答しないが、AsymcoのHorace Dediuは、Appleが発売サイクルを早める理由について、興味深い説をとなえています。

今年は、Appleの売上は、iPhone発売前の半年間はかなり落ち込んだ。消費者は、新しいiPhoneが出るのがわかっていたので、待ったのだ。Appleは一年の半分に売上が集中することを避けたいと思っていて、製品の発売を加速させることで、この問題は避けられるからです。

ここで、Misekによる予想についての注意があります。Apple TVについて、間違った予想をなんどもおかしています。例えば、8月にApple TVは量産され、年末までには発売されるというものです。

しかし、彼は誰よりも先にiPhone 4Sの予測を立てていました。2011年5月に、誰もがiPhone 5について話す中、後に真実となったiPhone 4Sについて語っていた。なので、彼のiPhoneについての予想は信じる価値があるのではないでしょうか。

参照元:BUSINESS INSIDER


Leave A Response »