アナリスト予想 アップルはiPhoneミニを来年発売

eapp 2013年1月9日 0


iphoneミニ
スマートフォン戦争の明らかな勝者はサムソンで、アップルは二番手です。そしてこの差は2013年にはさらに拡大しそうです。

サムスンはスマートフォン市場で今年33%を確保すると言われており、昨年の31%から上昇しています。アップルも昨年の20%からは上昇するものの、1%の上昇、21%となりそうです。数量では今年、サムスンは2億9000万台販売しそうで、アップルは1臆8000万となりそうです。

アップルにとっては小型で廉価なもの、つまりiPhoneミニ(低価格版iPhone)で市場を奪い返したいところです。価格面からiPhoneの購入を見送った数億人をターゲットにアップルは3年以内にiPhoneMiniを発売するでしょう。しかし、iPhone5の販売も順調に伸びており利益も高いものがあります。

ただし、現状で利益の薄いiPhoneミニを、今年中に発売しなければならない状況にアップルは無く、来年以降、iPhone5の市場が飽和点に達してから新しい商品を発売するのが望ましいと思われます。価格的には$200から$250のものとなるでしょう。

参照元:CNET


Leave A Response »