iPhone5S 3種類のカラーで7月に発表か

eapp 2013年4月11日 0


iPhone5s 3色

次世代のiPhone5S、及び低価格版iPhoneの発売に関する推測が勢いを増す中、東アジアでは注目の端末は合計8色(iPhone5Sが3色、低価格iPhoneが5色)で販売されるのではないかという新たな噂が広まっています。

日本のブログであるMacお宝鑑定団の「確かな情報源」によりますと、『「iPhone5S」の発売日には、アップルお決まりの白と黒のデザインにもう1色加えて、3色のカラーデザインで陳列棚に並ぶだろう』と報じていますが、その追加カラーに関しては明かされてはいません。

この情報は、トピカ資本市場のアナリストであるブライアン・ホワイトが1月に自身の産業調査に基づき、次世代「iPhone5S」はピンク、イエロー、ブルー、グリーン、パープル、シルバー、現在iPod nanoで見られるスレート、そして売上の一部をエイズ対策基金に寄付する(プロダクト)レッド製品、この8色で発売されると確信したことに関係しています。

火曜日の情報では低価格版のiPhoneは複数のカラーで提供されるとだろうと主張していますが詳細についてはまだ明らかにされていません。

アップルが安価なAndroidスマートフォンに対抗するためにエントリー版の低価格iPhoneを投入するだろうと多くの人がみています。3月に情報通のアナリストMing-Chi Ku氏は、材料費を削るために低価格版iPhoneはファイバーグラスやプラスチックが使われると述べています。また、Kuo氏は低価格版iPhoneはiPhone5と同じデザインで4インチのスクリーンが搭載されるだろうと考えています。

最後になりますが、この最新の噂ではAppleが次世代iPhoneおよびその廉価版モデルを披露する可能性が高い時期は7月だと見ており、これは市場の専門家らの見方と一致しています。

参照元:AppleInsider


Leave A Response »