Pegatron社 低価格iPhone(iPhone mini)の組み立てのため新たに4万人を雇用

eapp 2013年5月10日 0


iPhone mini レッド

アップル社が未開拓の市場向けに「手頃な」 iPhoneを計画している証拠をお望みなら、この新たな報道こそお求めのものでしょう。報道によると、 アップルの納入業者は盛んに大量の従業員を雇用しようとしており、その理由として差し迫る新廉価版 iPhoneの登場を挙げています。

アップル社のiPhone、iPadの主要な組み立て業者Pegatron社は中五胡国内の現在の従業員数を下半期に40%増員すると述べています。同社はすでに1万人の従業員を雇用していることから、これはかなりの数の増員です。

さらに興味深いのは、供給業者の情報筋がどうやらロイターに対し、それはすべて低価格版 iPhoneの為だと語ったらしいことです。

「供給業者はロイターに対し、アップル社が中国、インド等の成長市場の低所得層の購入者に販売基盤を広げるために低価格版の携帯電話モデルを開発中だと述べました。」

日本の供給業者の情報筋は、このモデルの表示パネルの小規模生産は6月の大量生産に備えて5月に始まるだろうということです。

参照元:Cult of Mac


Leave A Response »