アップル 2014年にRetina版iPad mini、Retina版Macbook Air、そして大型ディスプレイ搭載iPhoneを発表か

eapp 2013年10月10日 0


大型ディスプレイiPhone

DisplaySearchによると、来年アップルが製品ラインのほとんど全てにおいてディスプレイを改訂し、Retina iPad mini、Retina MacBook Air、長い間噂されてきた大きな画面のiPhoneを発表するでしょう。

アップルはディスプレイ技術の早期導入者としての従来の役割から離れて行ったが、それは今後一年間で変わろうとしている、とDisplaySearchの副社長David Hsieh氏が会社のブログに投稿しています。サプライチェーン研究を引用しますと、アップルは2013年の後半から2014年にかけての新しい製品革命においてディスプレイ技術を頼りにしているとHsieh氏は語っています。

アップルがメディアイベントで新しいiPadを発表する今月後半にアップルのディスプレイ技術の転機は始まるとHsieh氏は信じています。Display Techによれば、そのイベントはRetinaディスプレイが搭載されたiPad miniも紹介するようです。そのようなデバイスは最初のiPad miniが発売された時から噂されていましたが、評論家たちはアップルが休暇シーズンに新しいminiを売り出す事ができるのかと言う点で意見が一致していませんでした。多くの人はバッテリーの容量がminiの小さな本体に入るRetinaディスプレーに対応するのは難しいと言う点に言及していましたが、Hsieh氏は次世代のminiが公開されれば2048x1536サイズのディスプレーを特徴立たせるだろうと予想しています。

Hsieh氏は長期に渡り予想されているiOSデバイスについても言及しており、来年にも4.7インチで1280x720ディスプレーサイズのiPhoneとして登場するのではないかとしています。DisplaySearchの報道によると、より大きなスクリーンの iPhoneは1台だけではなく、2台で、2台目は、1920×1080の解像度を持つ5.7インチの画面を装備した「ファブレット」端末になります。報道では、これらの端末は2014年第4四半期には店頭に並ぶだろうと予測しています。アップル社で最も販売台数の多い端末により大きな画面を装備することは昨年の多くのアナリストが提案してきたことでした。iPhoneは依然として世界で最高の売り上げを誇るスマートフォンですが、競合他社は画面のサイズを縮小しています。噂によると、より画面の大きな iPhone は期間限定で販売されているということで、例によって大きな画面はアップル社が競合他社と戦う大きな力になるという説明が添えられています。

アップル社のCEO Tim Cook氏はiPhoneの画面が大きくなる可能性を排除していませんが、アップル社が消費電力、寿命、色の再現他の要因を妥協することなく完成することが出来た時には、このような製品が出てくるだろうと述べています。

Hsiehの報道も、アップル社が2014年には2732×1536で出力する12.9インチの画面を搭載したiPadを発売するだろうと予測しています。その他の最近の報道では、副産物として、アップル社が iPhone 5s用に64ビット・プロセッサーを選択するだろうと指摘しています。DisplaySearchは2014年にアップルはようやくRetinaディスプレイを超軽量ノートパソコンに導入すると考えています。2013年のMacBook Airはそのバッテリー駆動時間の長さで評価を得ましたが、中には高解像度ディスプレイを搭載しなかったことに疑問を思う人もいました。Retinaディスプレイを搭載することによって、こういったアップルの売りの1つである一日中使えるバッテリーライフを犠牲にしなければならない可能性もあります。Hsieh氏は2014年モデルではディスプレイの消費電力の増加を抑えるために、省電力チップを搭載するであろうと強く思っています。

Hsiehの報道は、噂でもちきりの2大のアップル製品は今年iPhone、iPadの発売が近づいた時のように急いではいないことも指摘しています。DisplaySearchはiWatchの身体装着可能な端末は長らく噂されてきたアップル TVの両製品が2014年には発売されるだろうと考えています。 Hsieh によれば、アップル TVが55~56インチの4K のLCDモデルで来年第3四半期に発売されるということです。一方、2014年第4四半期には1.3か1.63インチの折り曲げ可能なAMOLED画面で 出力が320×320のスクリーンを搭載した iWatchが発売されるとみています。アップル社は iWatchやアップルブランドのテレビセットの存在についてコメントしていません。その代わり、2013年後半から2014年中に「サプライズ」商品が出てくる可能性を示唆しました。


Leave A Response »