iPhone6で、ソーラー充電機能を搭載か!

eapp 2014年1月28日 0


20140128-222957.jpg

アップルがサファイアガラスのディスプレイを搭載したiPhoneの試作をおこなっているという噂がありますが、スクリーンの耐久性を上げるだけでなく、ワイヤレス充電を提供するのにも役立つかもしれません。

アナリストによるとサファイアガラスは、ソーラーパネルを使ってバッテリーを充電し、バッテリー寿命を増加させることが可能だそうです。

アップルが太陽電池によってラップトップやスマートフォン、タブレットのバッテリーを充電するソーラー充電機能の特許を有しており、アップルの最近の求人には太陽電池関係の製造設計エンジニアが含まれています。

スマートフォンわタブレットのバッテリー稼働時間は機種を選ぶ際の大きなポイントですが、容量を大きくしてしまうと重く厚くなってしまいます。
ソーラー充電で、稼働時間を伸ばせるのであればこれは、便利でさらに小型、薄型化に役立つのではないでしょうか。
記事ではiPhone6、次世代iPod touchから採用されるのではないかという事なので、さらに楽しみですね。

BGR


Leave A Response »